本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

さつま芋の苗植え

2020-06-05
今日はサツマイモの苗植えを行いました。
毎年、年長児の子ども達と一緒に植えるのですが、今年は新型コロナウィルスの感染予防のため苗植えは職員で行う事になり、マルチを張る作業から、植えるまでのところを子ども達は見学のみになりました。
今年植えたのは「シルクスィート」という名前のサツマイモ。昨年までは、ベニアズマとベニハルカを育てていたので、今回は初めての品種で、調理法によってベニアズマのようなホクホク感があったり、焼き芋のようにするとねっとりとした甘さがあるそうです。
また、今年は苗の植え方も変わり、横に寝せるように苗を置いてから土をかける方式になりました。
さつま芋の苗は細いほうれん草?!のような見た目なのですが、よく見ると下の赤紫の部分に「節」があり、その節の一番下に栄養分を取る根、2番目以上の節のところにおイモが出来るので、節が土の中に入っていれば間違いない!というお話を、サツマイモ農家の菊地さんに聞きました。
毎年のようにお芋ほりように育てているサツマイモですが…品種も増え、毎年農家の方からのお話は興味深いです。
 
さて、約600本の苗植えを終了し、これから草取りとの闘いが始まります…秋には子ども達が、お芋ほりを楽しめますように頑張ります♪
農家の髙野さん、菊地さん、いつもありがとうございます!今年もよろしくお願い致します。

完全変態中…

2020-05-29
先日、土をきれいにしてもらった幼虫さん達が、次々とサナギへと変わり始めました…
ケースの側面から見えた子と、ケースのフタを開けたら上から丸見えの子…どうやらオスのカブトムシになりそうです。
他の幼虫たちも、白い身体から、どんどん黄色味をおびて身体がブヨブヨと皮がゆるゆるになってきました…
子ども達と観察を続けていきます♪
 

大きくなってます…

2020-05-11
今日はとても暑いですね…
自粛要請期間で、子ども達も先生も少ない日中…カブトムシの幼虫さんたちの土を主任先生が交換してくれました。
前回と…サイズ感よりも、プリッとパンパンしていてはじけそうです…そして主任先生は、相変わらず素手で幼虫を触れます!!すごいです!!!
どうですか…この丸々と大きくなった立派な幼虫さん…大小さまざまですが、この子達が58匹くらいいるそうです。
これから全員、無事にサナギになって、成虫になるでしょうか…
自粛期間が溶けて、通常の日々が戻った時に、子ども達とカブトムシの『完全変態』を見守っていきたいです…
 
そんな当たり前の平和が一日も早く戻りますように!

新年度がスタートして早1ヵ月…

2020-04-27
2020年度がスタートし早1ヵ月…
新型コロナウィルス感染予防のためのつくば市の自粛要請で、当園の現在の利用状況は40%弱というところでしょうか…
家庭保育等で自粛協力をしていただいているご家族に感謝しつつ、現在は、ただひたすら子ども達が触れると思われるところや玩具を消毒…消毒…ひたすら消毒と、換気!換気!を繰り返す日々。子どもの数の減少と共に、保育園の職員の出勤も調整して「3つの密』を避けるように…とは思いますが、いろいろと距離の近めな子ども達同士を離すのは難しい!…というか不可能…残念ながら保育園には、どう頑張ってもリスクしかありません。
不安な日々を過ごしながら、それでもマスクごしに笑う子ども達の明るい声に癒されつつ、医療従事者やその他インフラ関係のお仕事をされて日々頑張っている家庭を支えるために、保育園は今日も開園です。
とにかく今はみんなで「我慢!」の時。
早く通常の毎日に戻りますように…
※最後に、添付した写真は今年度増設した新しいピカピカの1歳児クラスのお部屋です。カメラマンさんに先月末に撮っていただき、やっとデータをダウンロードしたので、現在、感染予防対策で正面玄関までの保護者の入室制限がある為に、保護者の皆様にはまだ観ていただいていないのですが、こんな感じ…夕方になると、壁のカラーブロックの光が床に移り、子ども達が色とりどりの光の中を不思議そうに踏んで遊び、とても明るく気持ちの良いお部屋です。
 
 
 

お店屋さんごっこ

2020-02-20
 今日は恒例のお店屋さんごっこがありました。
 年明けから、保護者の皆様からご協力を得てお菓子の空き箱や、カップ麺の容器、小さいペットボトル、ジャムの空きビンなどを集めて、3~5歳児が今日の日を楽しみに準備して商品を作ってきました。
 今年のお店は…
 ・和菓子屋さん(お団子、どら焼き、たいやきなど)
 ・麺屋さん (ラーメン、うどん等)
 ・タピオカやさん
 ・スマホやさん
 ・アクセサリーやさん
 ・楽器屋さん
 ・スノードームやさん
 ・靴屋さん
でした。子ども達は、店員さん側も、お客さん側も体験して、今年も楽しく参加できました。
 毎年だいたい同じような店舗ができますが、スマホやさんとか、タピオカやさんとか現代風のお店も出てきて、来年はどんなお店が出来るのか楽しみです。
 廃材集めのご協力をいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
TOPへ戻る