本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

豆まき集会

2020-01-31
 今日は、ちょっと早めの節分行事…豆まき集会を行いました。
 節分についてお話を聞いたり、歌を歌ったり、豆の投げ方を練習したりの集会のあと、赤ちゃんたちはお部屋へ…2歳以上は園庭へ…鬼が来るかもしれないと、ビクビクしながら豆の入ったマスをテラスに置いて遊んでいると…赤鬼さんと青鬼さんの登場!逃げ回る子、泣き出す子、戦う子…いろいろな子がいて、最後はヒイラギにイワシの頭のついた枝で鬼さんを追い出しました。
 今日は、栄養の先生方が鬼さんに見立てた可愛らしい給食を作ってくれて、おやつは恵方巻に見立てたきなことココアのクッキーでした♪
 鬼が来てちょっと怖かったけれど、一番の目的は、子どもの心の中にある『鬼』を追い出す事。泣き虫鬼?弱虫鬼?わがまま鬼?どんな鬼さんを追い出せたかな?

こんなに大きくなってきました

2020-01-29
保育園で産まれたカブトムシの幼虫さん達…
土の中に潜っているので、普段は見えませんがこんなに大きく成長しております。
今日は、主任の先生が新しい土をいれてくれて久々に姿を見てビックリ(+_+)!
大きくなりました…そして楽しみです。

市の交通安全教室

2020-01-24
 保育園では毎月1回交通安全教室を行っておりますが、今日はつくば市の職員の方が来てくださり、3~4歳児は、信号機を使用しての指導を、そして5歳児は実際の道路を歩いて、本物の横断歩道を使用しての指導がありました。
 特に年長児は、4月からは小学生になり、登校班での登下校になりますのでとても大切な今日の活動でした。
 知識を付けて、身を守る事…まだ小さな子ども達ですが、みな真剣な面持ちでお話を聞くことができました。
 つくば市の職員の皆さん、貴重な体験をいつもありがとうございます♪

はじめてのお買い物

2020-01-22
 毎年恒例の、はじめてのお買い物がはじまりました。
 年長児は、来月のお別れ遠足に持参するお菓子を、300円の予算で近所のファミリーマートさんへお買い物に行きます。いつもはお家の人に買ってもらうだけのお菓子を、自分でお金を払って買うのです。来月末には『お店屋さんごっこ』も控えているため、お金について活動の中でも学びつつ、5~6名ずつグループに分かれてお買い物に行くのですが、練習はしていてもドキドキの子ども達です。
 お家の人に用意してもらった300円が入ったお財布をに握りしめ、引率の先生に電卓をたたいて計算してもらいながら、「あれにしようかな~、これもおいしそう~…」と迷う子や「これにする!」と即決してあっという間に決める子、「わたしもそれにしようかな…」とお友達のマネをするタイプの子…いろいろな姿が見えます。
 
 さて、お買い物が自分でできたという喜びと自信を得て、卒園まであと数ヶ月…楽しい思い出をたくさん作ろうね♪
 
 
 

お芋を使ったクッキング

2020-01-21
 秋に、子ども達と苗植えから育てたサツマイモ堀りを行い、収穫したお芋を使ってのクッキング。
 その年によって、クッキーだったり、スイートポテトだったりするのですが、今年は食物アレルギーの対応も兼ねて、全員安全に参加出来る『サツマイモの甘焼き』をクッキングしました。
 栄養士の先生の話を真剣に聞きながら…ホクホクの湯気が立つお芋をマッシャーで交替でつぶして、そこに砂糖と豆乳を加えてこねる…その後は、クッキングシートの上で、各自が粘土のように形を作って、最後に焼いて完成!
 今日は、みんなでつくったホクホクおやつを美味しくいただきました。
 「せんせ~、すっごくおいし~!!」とニコニコ笑顔でおやつを楽しみました。
 
TOPへ戻る