本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

梅シロップ作り

2021-06-04
梅のヘタをとり穴をあけます
氷砂糖と梅を交互にビンの中へ…
完成!楽しみだ~
 今年も4・5歳児クラスで、梅シロップ作りを行いました。
 例年だと、もう少し後に行うのですが…おイモの苗植えが例年より1週間遅れたこともあって、今日実施することになりました。
 4歳児は全員はじめてとの事で、やる事すべてが新鮮といった感じの雰囲気でしたが、5歳児は2回目ということもあり、またご家庭でも作ったところもあるようで、落ち着いて集中して作業をすることが出来ました。
 まず梅の花から青梅が実り…というお話から、続いては青梅の毒性について、今日の作業工程を説明する間、目をキラキラさせていた子ども達に、いよいよ実際に「青梅」の実を手に渡すと「冷たーい!」あっ、それは栄養の先生がきれいに洗って冷蔵庫で保管してくれていたからだけど…「かたいよ~」「なんかつるつるじゃなくてなんだか気持ちいい」「梅ジュースのにおいがする~」と、いろいろな意見が出てきました。中に「これ、アイリスガーデンに落ちてたの持ってきたの??」という子もいて、苦笑してしまいましたが…アイリスガーデンに落ちていたのは桃の花の実だから種類が違うな~…とお話しつつ、楽しい活動の時間を過ごすことが出来ました。
 今日の帰りは、保護者を梅のビンの前に引っ張っていって「みてみて♪」と嬉しそうにお話をしている子ども達の姿がありました。

 昔ばなしを始めますと…私の梅シロップの思い出は小学生の時。水戸に住んでいたのですが、梅の名所にもなっている弘道館が小学校の近くにあり、そこから大量の梅をいただいて、その梅をみんなでシロップ漬けにした思い出があります。小学生の時、竹ぼうきを持って弘道館の掃き掃除に行ったり、毎年梅が満開の時期には画板をもって写生に行ってしました。梅の咲く頃はまだ寒いので、あまりうれしくは無かった記憶があるのですが、大人になって振り返ると、なんとも風流な環境で学生時代をすごしていたのだな…と思いつつ、梅の香りをかぐと、その時の記憶がよみがえります。
 
 ちょうど運動会の練習を始める頃には出来るでしょうか…疲れた時に、爽やかな梅ジュースを楽しみに、ビンの中の梅シロップの観察をしていきたいと思います。

トマトの苗の観察

2021-05-21
 今週は、ずっとどんよりしたお天気が続いていますね…
 先週、3歳以上児クラスでは、中玉トマトの苗を植えました。この苗は、カゴメの「りりこわくわくプログラム」という企画で、プレゼントしていただいたもの。正式名称は『凛々子』といい、カゴメが開発しジュース用の加工用トマトで、カゴメオリジナル品種だそうです…
 植えてからちょうど一週間…雨続きではありますが、トマトの苗はすくすくと成長しています。
 
 今日は、どんよりお天気で、生あたたかい風が換気のために開け放つ窓から園内に吹き抜ける中…子ども達は室内での保育が中心の様子…
 ふと廊下を歩いていると、年長児のクラスが、トマトの観察をしておりました。小学校では定番ですが、どれくらい観察して描けるのかな…と子ども達の様子をみておりますと…真剣そのもの。窓越しのトマトの苗を真剣に見つめてそれぞれの表現で描いていました。
「ねっこもみたいな~…」という声があがったり、もうトマトの実を描いている子も…しかも土の中に。
 目の前にあるものを描くというのは、意外と難しいものですよね…。また、イメージで描く事と、目の前のものをじっくり観察して描くということの違いが伝わっている子と、いない子と。
 前回はカブトムシの幼虫を描いたそうで、その時よりは「観察する」ということが伝わったかな…と担任の先生から話がありました。
 
 さてさて、収穫までに、これからこども達がどんな発見をしていくのか、これからも楽しみです♪


こどもの日のつどい

2021-04-27
 こどもの日の集いが行われました。ホールに集まって「こどもの日」についてのお話や紙芝居などの後…
 最近は、昔ほどはこいのぼりが空高く泳ぐ姿を目にする機会も減りましたが、実際にこいのぼりのスケールを体験し、こいのぼりの中をくぐったり、上に乗ってみたりして楽しみました。
 昨年はくぐる体験が出来ずに、こいのぼりと共に写真のみ撮影しましたが、今年はマスクをして一人ずつ、こいのぼりの中をくぐっての探検旅行?!に挑戦しました…
 空を泳いでいる遠くから見ていたイメージよりも、はるかに大きいこいのぼりの中は、さらに思ったり長くて「こわい~…」となる子もいれば、「もう一回やりたい!」と何度も挑戦する子もおりました。
 マスク着用が難しい小さい子ども達は、こいのぼりの上に乗ったり、ゴロゴロしてスケールを体験…

 まだコロナ禍で、いろいろと制限は続きますが、安全面を考慮しながら去年よりも出来ることも増えて楽しい経験が増えました♪

2021年度 入園式

2021-04-03
入園式を無事に終えました…
昨年度は残念ながら出来なかった入園式を、保護者の皆様にお子様お一人に保護者1名の制限のご協力いただき、無事に式を終えホッとしたのもつかの間、慣らし保育で保育園の朝は涙の嵐が続いております…
それも少しずつですが、日ごとに穏やかになり、子ども達から笑顔もちらほら出ております♪

まだまだ新型コロナウィルスの猛威は続きそうで、変異株がとても気になっておりますが、関わる全ての皆様のご協力をいただきながら、子ども達を守っていきたいと思っております。
昨年も言いましたが…保育園は『密』です。どんなに工夫をしようと子ども達はお友達との距離がとても近い…マスクもなかなか大人のようにはガマンして付けることも難しい子もおりますし、これから季節的に、熱中症も気になるため、子ども達のマスク利用についても悩むところです…

換気と消毒、健康管理しながら、今日も保育園の先生達がそれぞれの専門分野で頑張っております…
保育園にいる先生は保育士だけではありません。栄養士の先生、看護師の先生、事務の皆さん、他にも補助のお手伝いをしてくれている先生や、調理補助の先生、お芋畑を一緒に見守ってくれている農家の方々、そして、法人内の修繕や庭の手入れをやってくれている方など、いろいろな分野のプロが結集して子ども達を支えております。そして近隣の皆様のご理解やご協力もあって、子ども達がのびのびと保育園にいる間は安心して過ごす事が出来る環境を築いております。

いろいろな事に感謝しながら、コロナ禍ではありますが、今年度も工夫をしながら元気に良い思い出を作りましょう!


お別れ遠足

2021-03-05
恐竜の体に羽根が生えてるよ…
コロナ禍…
予定していた日程は、県の自粛要請期間中だったため…日程変更して、感染症対策をしながら、ミュージアムパークへ行ってきました♪
春の親子遠足は中止になってしまったため、年長児にとっては、保育園最後の遠足。
例年とは違い、いろいろと制限はありましたが、天候にもめぐまれ楽しい思い出が出来ました。
もうすぐ卒園…そして、もうすぐ小学生になる年長さん…
保育園の先生方は、みんなの心の中にある『やさしさの芽』を6年間愛情をかけて丁寧に育ててくれました。
小学生になっても、ノーマライゼーションの心を忘れずに、元気いっぱいがんばってね!
TOPへ戻る