本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

メリークリスマス

2020-12-25
サンタさんが遊びにきた!
サンタさんと記念撮影
サンタさん…年長児と比較しても大きい!
サンタさんからのおてがみ
クリスマス集会のようす
年長児のステンドクラス風工作その1
年長児のステンドクラス風工作その2
毎年恒例の手作り指人形マスコットのプレゼント
さて、今日はいよいよクリスマスですね…
今週のアイリス保育園はまさにクリスマスウィークでした♪

月曜日…
なんとサンタさんが子ども達の様子を見に遊びに来てくれました。大きなサンタクロースに子ども達は始めは驚いていましたが、次第にフレンドリーになり、一緒に写真撮影も行いました。この、サンタさんのサイズ感が伝わるでしょうか…2メートル近い、大きなサンタさん♬
 子ども達には秘密ですが、毎週月曜日の英会話レッスンを行ってくれているマット先生が毎年、サンタに扮して子ども達と交流してくださいます。この本格的なサンタスーツはマット先生の自前ですよ!年に1度、毎年見ているのに、今年もびっくりするほど本格的なサンタさんでした。

火曜日…
 保育園のクリスマス会がありました。異年齢児交流で、じゃんけん列車など2~5歳までが交流しながらゲームを行い、今年はコロナ対策もあり、ゲームの後半戦は、各クラス2チームに分かれて人数を半数に減らし、部屋でのゲームと、ホールでのゲームチームに分けて、時間で交替しました。
 保育園のサンタさんとトナカイさんも合流して、子ども達と一緒にゲームを楽しむのですが、子ども達には、この大人が見てあれ??といろいろ思ってしまう違和感のようなものが全くない様子で、普通にトナカイさんとサンタさんも仲間に加えて楽しそうに遊んでいる姿が本当に可愛らしかったです。
 そして、この日は、お昼寝から目覚めるとサンタさんからお手紙と、枕元にはプレゼントが!!!
 毎年、プレゼントには、アイリス保育園こだわりの手作りマスコットを付けています。今年はサンタの指人形…事務の先生がコツコツと134個作ってくれました。なんでも買える世の中ですが、これは世界にただ一つ、子ども達が一人ひとり違うように同じお顔のマスコットはいないのです…大事にしてね♪(^-^)

木曜日…
 年長児は、図工教室でステンドグラス風の工作を楽しみました。今年の年長さんはハサミが上手…でも、セロファンを窓枠+のりしろのサイズに切る事に苦戦。どうしてものりしろを忘れてジャストサイズに切ってしまう子が続出し、花島先生を困惑させておりました(苦笑)
 個性あふれる美しいステンドグラスができあがり、保育園の廊下の窓を彩ります。
 一気にクリスマス感増しましたね…廊下を散歩する赤ちゃん達も、いつもと違う事に気づいて「あ~!」と指さしておりました…癒されますね(*^-^*)

そして金曜日…
 今日はクリスマス。朝から、サンタさんにもらったプレゼントについてお話してくれる子がいる中、保育園では誕生会が行われました。クリスマスイベントではないものの、子ども達は行事が続いてワクワクが止まりません。
 集会の後は、お部屋の大掃除をしたクラスもあったようです。子ども達にとってはお掃除も楽しいイベント。雑巾をもって毎日お世話になっているお部屋をキレイにお掃除します。きっと、年末は保育園で教えてもらったお掃除をお家でもやりたがることでしょうね…ちびっこヘルパーさんを是非、活躍させてあげてくださいね♪

というわけで、アイリス保育園のクリスマスウィーク報告でした♪

今年度の図工教室もがんばっています♪

2020-12-18
 毎週木曜日に行われている図工教室。
 今年度は、第32回全国児童水辺の風景画コンテストにおいて『秀作』にえらばれました。
 それから、最近描いた『好きな生き物』の作品…どの作品も、のびのびとしたアイディアにあふれ、なにより色がすばらしい!そして、絵の具も使いこなせています。公募展の応募は夏ごろから秋の物が多いので、後半にこうしてぐんぐん伸びたところで応募できない事が残念なのですが、毎日、小さなお客さんが廊下を通るたびにアイリスギャラリー?!の展示を、ニコニコみてくれていることも、年長さんのお兄さんお姉さんたちの喜びと誇りでもあるようです。
 言葉以外にも、絵で『表現』するという技術を身につけた子ども達は、これから小学校へ行っても、きっと表現したい事を伸び伸びと自由に描く事をさらに楽しむことが出来ると思います。
 子どもたちのみずみずしい感性とすばらしい色使い、自由な発想に、毎日刺激をもらいながら、今日も癒されつつお仕事頑張ります!

生活発表会

2020-12-14
 週末に生活発表会が予定通り行われました…
 今年は新型コロナウィルス感染予防でプログラムを組む段階からいろいろと意見を出し合い、保護者の人数も制限して行う予定でギリギリまで準備しておりましたが、11月末に、茨城県知事からつくば市も自粛要請が出て、苦渋の決断で保護者の参加無しで子ども達だけの無観客の発表会になりました。
 今年度の行事…この新型コロナの感染予防対策にずっと翻弄され続けていますが、保育園で行われる行事は、それぞれ子ども達の年齢ごとの成長を促す活動が盛り込まれており、どれも形を変えてでも欠かせないもの。特に、生活発表会は、年度の後半の行事で子ども達の成長が保護者に伝わる機会であるのに、本当に残念…無念。それでも、3~4歳児の保護者の皆様には、皆様いろいろ思うところはあったと思いますが、ご賛同いただき、土曜日にDVD撮影のために送迎のご協力をいただきましたことを心から感謝いたします。
 さて、5歳児の年長児にとっては、保育園での最後の生活発表会…保護者に観ていただきたい…でも、子ども達の感染のリスクを考えると難しく、オンライン配信も素人が安易に手を出して、子ども達の個人情報や肖像権を守ることが出来るか…という不安もあり、迷っておりました。
 他園で、ずっとオンライン配信によるイベントを継続してされているところがあり、そこの園長先生に相談させていただいたところ本当に親身に対応していただいた上に、ITサポートをしている方も紹介いただき、リモートで設定のご指導を受け、保育園のネット回線も事務の皆さんと業者に強化していただき、今回は本当にたくさんの人に支えられ、後半は怒涛の勢いで準備をしてまいりました。前日にはなりましたが、後は動画を利用する保護者のモラルしだい…というところで、当日を迎え実施することが出来て、終了後も保護者の反応も良好で、楽しめたという感想が多く苦労が報われました♪
 たくさんの皆様に支えられ、そして無事に子ども達の安全も確保しながら素敵な行事の思い出作りが出来た事に心から感謝です。
 保護者の皆様も、いろいろと運営についてのご理解とご協力に感謝いたします。
 例年通りに、全く同じことを行事の中で行うことは、感染症予防の観点から難しい事も多いのですが、『新しいやり方』を工夫して、子ども達にまた素敵な思い出を残す事が出来るように、職員一同で力を合わせていきたいと思います(*^-^*)
 

ショベルカーの見学

2020-10-27
大きなショベルカーの囲まれて
小さいタイプのショベルカー
洗車機をみせていただきました
 今日は、2歳児の子どもたちと、保育園の近くにある『トキワ』さんに重機を見せていただきにお散歩に出かけました。
 11月から本格的に始まる前の、まだピカピカのショベルカーがものすごく広いスペースに並ぶ姿は見事でした!
 大きな…というより巨大なサイズのものから、小さなコンパクトサイズのものまで、さまざまなサイズのショベルカーがあり子ども達は興味津々…
 最後に、ショベルカー用の洗車機を作動して下さり、子ども達は「あめ~、おみずがでてるね~!」と声を出して喜んでおりました…と、その様子をみて、子ども達の言葉が増えた成長に感動しつつ(^^♪
 こんなに重機を近くで見る機会はめったにないので、貴重な体験を感謝しながら今週はお天気がよいので、明日も明後日も、見せていただこうと思っています。
 人生で一番ショベルカーを大量に見た一日となりました♫

シルクスイート 豊作でした!

2020-10-20
 やっと晴天に恵まれ、今日はずっと延期になっていた『おいもほり』を実施しました♪
 今年は、『シルクスィート』という品種のお芋に初挑戦!このお芋は、「紅アズマ」のホクホクしたおいしさと、「紅ハルカ」のねっとりとした甘さの両方を持った品種とのいうことで、苗植えからずっと楽しみに子ども達と育てておりました。今年は新型コロナウィルスの影響でいろいろと大変な年になっておりますが、天候の方も雨が多かったり、少なかったり、暑かったり…と、例年と違っていたせいなのか、品種のせいなのか、いつもとツルの伸び方が違い少なめで、試し掘りを数回しても根っこのような状態だったり、小ぶりだったりと心配しておりましたが…掘ってみれば大量に収獲できました!
 事前に市役所で放射能検査も行い、保育園の畑には消毒も農薬も一切使用していないので虫がいっぱいいますが、とにかく安全に今年も収穫を終えることが出来ました。
 今年は、お芋農家の菊地さんに、初めて土を揺らす機械をかけてもらってみましたが、あっという間にお芋ほりが終わってしまうので、4列のみやっていただき、残りは子どもたちと手作業で頑張りました。
 根気強い子…すぐに飽きてしまう子…几帳面な子、雑な子…
毎年、子どもの性格が出るな~…と思うお芋ほりですが、今年も個性炸裂でございました(笑)
 
 菊地さんをはじめ、ずっと畑を見守って相談に乗っていただいている髙野さん、そして、事務の須貝さん、永坂さん…皆さんありがとうございました!!
 子どもたちのニコニコ笑顔いっぱいのおいしいお芋が今年は豊作でした!
 これから、子ども達のクッキングをしたり、給食で食べたり、そして芋版で遊んだり、お芋を最後まで楽しみたいと思います。
 
TOPへ戻る