本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

幼児教育と小学校教育の接続のための研修会

2019-01-15
 今日は、茨城県幼児教育指導員である、工藤先生に講師としてきていただき、園内研修をしていただきました。
 工藤先生自身も、古河市にある保育園でお仕事をされていらっしゃるために、本当に現場の先生方にわかりやすいお話で、このような勉強の機会を与えていただいた県や市の関係者の皆様に心から感謝です。
 保育園でお預かりする0~5歳児の最大6年間の保育の中で、どちらかといえば保育園主体の年間行事が決まっている環境で、子ども主体の保育をするには…子ども達の主体性をどのように関わり育んでいくか…といろいろあったモヤモヤが少し晴れた気がした貴重な1時間でした。

正月あそび集会

2019-01-11
獅子舞
巨大だるまおとしゲーム
アイリス神社に初詣
 あけましておめでとうございます。
 新年が明けてあっという間に今日は鏡開きですね。
 今日は、正月遊びについてお話を聞いた後、ここ数年、定番化している先生の手作り獅子舞に頭をカミカミしてもらい…年長児は余裕の表情ですが、未満児は大きさと見慣れぬ迫力に涙の嵐…
 その後、担当の先生がこの日のために準備した巨大だるま落としゲームを楽しみ、最後には特別期間限定で出現した『アイリス神社』でお参り…何をお願いしているのかな…真剣です!
 今年も、元気いっぱい そして安全に楽しく過ごせますように!

サンタさんがやってきた!!

2018-12-17
なんと!!突然ですが、サンタクロースが保育園に遊びに来てくれました。
 保育園のクリスマス会は21日金曜日なのですが、英語のマット先生からのプレゼントで、特別アメリカから取り寄せたサンタスーツを着て、英語のレッスンの後に追加の特別レッスンがありました。もともと身長が2メートル近いマット先生のサンタクロースはそれはそれは見事で、まさにイメージ通りの姿で、職員もびっくり…
 
 突然のサンタさんの登場に、年少さんはキョトン…
それでも元気に質問したり、ほしいプレゼントを手を挙げて発表出来た子もおりました。
 年中児と年長児は一人ずつサンタさんに欲しいプレゼントをお話したり、集合写真を撮りました。あまりにリアルなサンタクロースのおヒゲに、思わずタッチする子…短い時間でしたが、とても素敵な時間を過ごすことが出来ました。
 サンタさんがいる間は、想像していたよりも子ども達は静かにしていたのですが、帰ったあと…
「サンタさんが来るなんて、すごいね…」
「鈴の音がしたけど、トナカイさんは外で待ってたのかな?」
「サンタさんすごく大きかったね…」
と、サンタさんの噂話で盛り上がる子ども達でした。
 
 マット先生、温かいご配慮をありがとうございました!!

カスミ 食育体験学習

2018-12-14
 いよいよ、待ちにまった食育体験学習の当日。
 気温がグンと下がり、近所の畑には霜柱ができて水たまりにはうっすらと氷が張るような寒さの中、年長児の子ども達は元気いっぱい!朝から目をキラキラさせて出発しました。
 移動は、朝の通勤時間帯の道路の横断を心配してくださった、事務の職員さんが2名も同行してくれて、大人5名で20名の子ども達を守りながらバス停まで移動…
 バスに乗ると、バス会社の方から許可を得て、全員整理券を取る体験をさせていただき、子ども達はワクワクとドキドキが止まらない表情でみどりの駅に到着。
 みどりの駅前店のカスミでは、食育担当の先生方が、赤緑黄の栄養素の話や、野菜のお話をしてくださり、いよいよ買い物ゲーム!4班に分かれて子ども達は4つのミッションをグループで力を合わせてチャレンジし、野菜や果物を相談しながらカゴに入れていきました。その後、レジ体験をしたり、クイズの答え合わせをしてもらったり、さらなるクイズに挑戦してから、カスミのバックルームツアーに連れて行っていただきました。スイカをカットするための大きな包丁を見せていただいたり、野菜を保管する冷蔵庫の中に入ったり…最後には-25度の冷凍庫でアイス体験!!カスミの次長さんの演出で、電気を消されると「きゃ~!!」という悲鳴と共に、子ども達は興奮した様子で出てきました。
 最後に、お別れの挨拶をしながら、ヤクルトとポテトをサンタ次長さんにプレゼントしていただき、大満足の子ども達でした。
 帰りもつくバスを利用したのですが、バスの中でもいただいたポテトがおいしかったという話で盛り上がる子ども達でした。
 保育園に無事到着すると、いつもより1時間遅れの給食となりましたが、メニューは保育園のお楽しみ世界の料理シリーズで、今月はルーマニア料理でした。子ども達はカスミで教えていただいた5ADAYについてお話しながら、元気いっぱい給食を食べました。
 
 カスミの皆様をはじめ、つくバスの関係の皆様、市役所の職員さん、たまたまつくバスに乗車していてご迷惑をおかけしたお客様がた、交差点で、子ども達が横断するのを待って下さった運転中の皆様、本当に、たくさんの街の方々に温かく支えていただいている事を感じた一日でした。
  
 その後…子ども達は、お土産にいただいた栄養をを分けるランチョンマットを使用して、毎日の給食を赤・緑・黄に分けて楽しんでおります。
 継続して、2月ごろには弁当詰め体験をする予定なので、好きなものばかり詰め込むのではなく、彩りと栄養を考えたお弁当が出来るかな??と今からとても楽しみです。
 
 朝早く集合にご協力いただいた保護者の皆様にも感謝します。
 
 

お散歩

2018-12-07
年長さんのお散歩。
来週、つくバスに乗って、みどりの駅のカスミにお邪魔して食育のためのスーパーマーケットツアーに参加させていただくために、今日はバス停までお散歩の練習。
下見をした時に、大人の足で20分位かかったため、子どもの足では1時間位かかかしら…と思っていたのですが、30分ちょっとで到着。バス停前の筑波銀行さんの店前で、ちょっとお茶休憩をさせていただいてから帰り道…往復で1時間ちょっとのお散歩でした。
6車線ある広い道路を片道2カ所横断しなければならないため、緊張しながらも、往復で今日は4回も横断したせいかずいぶん慣れて、横断歩道用の横に広がる整列が上手になり、しっかりと手を挙げて横断することができました。
 
「ぜんぜんつかれてない~!」と言いながら、帰り道は口数が減る子ども達…でも誰かの「ほいくえんがみえてきた!」という声で、表情に笑顔がもどり、いつもの元気な年長さんに戻りました。
本番は、朝早いので交通事情がまた変わってくるのですが、子ども達と練習を重ねつつ、安全に楽しみたいと思います。
TOPへ戻る