本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2021年度 入園式

2021-04-03
入園式を無事に終えました…
昨年度は残念ながら出来なかった入園式を、保護者の皆様にお子様お一人に保護者1名の制限のご協力いただき、無事に式を終えホッとしたのもつかの間、慣らし保育で保育園の朝は涙の嵐が続いております…
それも少しずつですが、日ごとに穏やかになり、子ども達から笑顔もちらほら出ております♪

まだまだ新型コロナウィルスの猛威は続きそうで、変異株がとても気になっておりますが、関わる全ての皆様のご協力をいただきながら、子ども達を守っていきたいと思っております。
昨年も言いましたが…保育園は『密』です。どんなに工夫をしようと子ども達はお友達との距離がとても近い…マスクもなかなか大人のようにはガマンして付けることも難しい子もおりますし、これから季節的に、熱中症も気になるため、子ども達のマスク利用についても悩むところです…

換気と消毒、健康管理しながら、今日も保育園の先生達がそれぞれの専門分野で頑張っております…
保育園にいる先生は保育士だけではありません。栄養士の先生、看護師の先生、事務の皆さん、他にも補助のお手伝いをしてくれている先生や、調理補助の先生、お芋畑を一緒に見守ってくれている農家の方々、そして、法人内の修繕や庭の手入れをやってくれている方など、いろいろな分野のプロが結集して子ども達を支えております。そして近隣の皆様のご理解やご協力もあって、子ども達がのびのびと保育園にいる間は安心して過ごす事が出来る環境を築いております。

いろいろな事に感謝しながら、コロナ禍ではありますが、今年度も工夫をしながら元気に良い思い出を作りましょう!


お別れ遠足

2021-03-05
恐竜の体に羽根が生えてるよ…
コロナ禍…
予定していた日程は、県の自粛要請期間中だったため…日程変更して、感染症対策をしながら、ミュージアムパークへ行ってきました♪
春の親子遠足は中止になってしまったため、年長児にとっては、保育園最後の遠足。
例年とは違い、いろいろと制限はありましたが、天候にもめぐまれ楽しい思い出が出来ました。
もうすぐ卒園…そして、もうすぐ小学生になる年長さん…
保育園の先生方は、みんなの心の中にある『やさしさの芽』を6年間愛情をかけて丁寧に育ててくれました。
小学生になっても、ノーマライゼーションの心を忘れずに、元気いっぱいがんばってね!

避難訓練

2021-02-25
 今日の避難訓練は、第一避難場所から第二避難場所への移動を含めた訓練と、通報訓練も行いました。
 小さい子達も、日ごろの練習の成果も出て、泣かずにしっかりと先生のお話を聞いて移動する事が出来ており、子ども達の成長をしみじみと感じました。
 繰り返す事の大切さを、子ども達の姿を見ながら感じました。
 

お店屋さんごっこ

2021-02-19
 2日間かけて、お店屋さんごっこを行いました。
 今年は、3密対策で小さい子達はクラス毎に交代でお買い物。その間の売り子さんは大きい子達も半分の人数で交替に行いました。
 いつもなら「いらっしゃいいませ~!!」の元気な呼び込みが飛び交うのですが、今年は呼び込みも小さめでマスク越し…いつもとは違う行事となりましたが、子ども達はそれなりに楽しむことが出来た様子です。

節分

2021-02-02
 今日は節分。例年より1日早い2月2日…124年ぶりだそうです。
 子ども達は、節分についてのお話や、歌を歌ったり豆まき練習をして、各年齢のクラス毎の個性的な鬼のお面をかぶっての集会を終えたあと…ホッと一息、余韻に浸って豆まき練習をしていると…赤鬼と青鬼がやって来て、赤ちゃん達はお部屋で号泣…そして、大きい子達も園庭に出て逃げ回り、時々鬼さんに捕まって写真撮影…最後には、ヒイラギイワシをかざして鬼さんを追い払いました。
 今日の給食は鬼さんライス…可愛らしくて食べてしまうのがもったいないくらい♪
 子ども達は心の中にいる鬼…泣き虫鬼や怒りんぼ鬼…子ども達はどんな鬼を追い出せたでしょうか?
 鬼役のお手伝いをありがとうございました!
 
TOPへ戻る