本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

運動会

2019-10-01
 天候にも恵まれ、先日運動会を無事に終えました。
 今年のテーマは『絵本』…
 3歳児クラスは「だるまさんシリーズ」
 4歳児クラスは「はらぺこあおむし」
 5歳児クラスは「にじいろのさかな」
 それぞれの絵本にちなんだ内容の競技や、入場門、そして、毎年恒例の手作りのメダル。
 先生たちが工夫を凝らした、絵本の世界観があふれ、その中で子ども達も楽しそうに参加しました。
 行事を一つ終え、またひとつ成長した子ども達。
 素敵な一日でした♪
 

ぶどう狩り

2019-09-14
 雨がチラチラ…
 えっ?!今日は晴天の予報でしたのに…朝の天気に驚きつつ、晴天を信じて0~2歳児クラスのぶどう狩りへ出発!
 集合するころには雨も止み、こども達もニコニコ笑顔で出発しました。
 先生達が準備したバスレクを楽しみながら、アッという間にぶどう園に到着…先日の台風で、栗や梨は被害が大きかった様子ですが、ぶどうは案外丈夫だという事で、園の中には白い袋に包まれた、美しい大粒の『巨峰』がたくさん実っておりました。袋に付いている透明の窓をのぞきながら、これkな…あれかな…と子ども達も保護者も秋の味覚を楽しみました。
 けが人もなく、今年も無事にぶどう狩りを終了…
 ジューシーな甘いぶどうをたっぷり食べて、家族の良い主でが増えたかな…来年はイチゴ狩りに行きますよ!楽しみです♡

敬老の日の集い

2019-09-13
 今日は、『敬老の日の集い』の行事を行いました。
 まずはホールで2~5歳児までが敬老の日の意味や、それにまつわる紙芝居を観て、その後4~5歳児はアイリスコートへ移動して、デイサービスと特別養護老人ホームのおじいちゃま、おばあちゃまに4歳児は『虫の声』の歌と『手をたたきましょう』を振り付きで歌い、5歳児は『よさこいソーラン節』のお遊戯を披露しました。
 入場の時から、温かい拍手に迎えられ、子ども達はちょっと緊張した様子でしたが、心を込めて発表が出来ました。
 発表の後、子ども達からの手作りの制作のプレゼントを受け取っていただきましたが、代表のおじいちゃまからもお礼の言葉をいただきました。
 退場の時、子ども達が「さようなら~…」と、手を振ると「ありがとうね~…」と拍手して下さるおじいちゃまおばあちゃまの声があり、入場の時に緊張していた子ども達の表情からホッとした笑顔がもれました。
 
 敬老の日の集いは、アイリス保育園の行事の中でも、とても大切にしている行事です。お年寄りを敬う気持ちを大切に、子どもたちの心にあるやさしさの芽を丁寧にこれからも育てていきたいと思います。

シェイクアウト訓練

2019-09-02
 今日はつくば市でシェイクアウト訓練があり、今年も参加しました。
「カタカタカタカタ…」という音は、結構リアルで小さい子ども達はいつもと違う雰囲気に泣き出す姿もありましたが、子ども机の下でダンゴムシのポーズを決めて、しっかりと避難していました。
 先生たちも、子ども達をチェックしながら避難経路を確保するためにドアを開け、ガラス等の被害を少しでも軽減するためにカーテンを閉めて子ども達の安全を守っていました。
 この後、全園児がホールに集まり、地震についてのお話を聞きました。日ごろからしっかりと備えていきたいです。
 
 

マナーキッズ プロジェクト

2019-08-31
 週末は、年長児の保護者とその兄姉妹弟も参加して、「マナーキッズⓇショートテニス教室」というイベントを開催しました。
 他園の園長先生からおススメの今回のイベント…どのようなものか、話では聞いたもののドキドキワクワクしながら当日を迎えました。
 マナーキッズプロジェクトとは、チラシによれば…『スポーツ・文化活動を通じ、日本の伝統的な礼法を体験し、<体・徳・知>バランスよい子どもを育て、プログラムは、子どもの体力低下・運動能力の低下に歯止めをかける<体育>、挨拶・礼儀作法の基本的マナーとスポーツマンシップを習得させる<徳育>、体育で知性を育む<知育>を考慮して組まれています』と。
 まずは体幹運動…タオルを使った運動に加え、チームになってひっぱりっこ…そしていよいよやわらかいスポンジのようなテニスボールを使用したテニスを行いました。
 もちろん始める前に「よろしくおねがいします!」おわったら「ありがとうございました!」という挨拶をしてやりました。最初は慣れずにもじもじしていた子ども達も、どんどん楽しくて気分が高まり、声も出るようになりました。
 
 テニスを通してマナーを学ぶ…このような運動が子ども達にどんどん広がり、日本の社会がさわやかな挨拶で満たされる事を願いつつ…
 
 お忙しい中、ご協力をいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
TOPへ戻る