本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

社会福祉法人二希会からのお知らせ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

こども達だけの夏まつり

2020-07-29
 さてさて、夏まつり3日間がスタートしました。
 例年なら、保護者や卒園児も招待してにぎやかな夏まつりを行う予定が…新型コロナウィルスの感染拡大防止のために中止に…
 でも、形を変えて、今年は『三密』に気をつけながらクラスごとにわけて、3日間かけて2歳児~5歳児まで夏まつりを楽しみます。
 
 

藍染めしました

2020-07-21
 今年も2歳児~5歳児まで、4種類の染め模様を変えて『藍染め』を行いました♪
 毎年、お祭りでおみこしを担ぐときに首にかける手ぬぐいを染めるのですが…今年は天気がグズグズで、結局小雨降る中藍染めを行いました。
 屋根がついているところだったので、子ども達にとってはお天気関係なし!十分に楽しむことが出来ました。
 さてさて、今年の夏まつりは保育園の中で子ども達のみの行事となりました…
 新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、いろいろな行事が無くなっていく中ですが、制限はあるものの、子ども達と思い出作りをしていきたい…いまの、この時、この年の、この子ども達とは、もう来年は逢えないから…
 夏まつりもたのしもうね♪

水遊びがはじまります

2020-07-03
 まだ梅雨ですが…あっという間に7月。
 今年は、新型コロナウィルスで水遊びもどうするか…と迷うところでしたが、密に気をつけながら季節ならではの遊びを取り入れて楽しく暑さを乗り切りたいと思っております♪
とはいえ、やはり水遊びは本当にリスクが高い…そのため、毎年このプール開きの前の時期に『心肺蘇生法研修』を行っているのですが、今年も消防署で乳児と幼児の人形を貸していただいて、訓練を行いました。知れば知るほど怖い…と言うのが毎年感じる事ですが、万が一の時に、1秒でも早く動く事が出来るように、緊張感をもって、今年はさらに感染症対策をしながら水遊びを行いたいと思います。
 プール開きはお天気が悪く、水遊びはできませんでしたが、しっかりと水の神様へ酒と塩を捧げ、子ども達と安全で楽しい水遊びをお願いしました。
 今年も、楽しく安全に水遊びが出来ますように(^-^)

とうとう出てきました♪

2020-06-26
お腹乾かしてる…
ツノが土から出てきた!
 ここ数日、完全変態を終えてカブトムシの成虫が土から出てきています。
 今日までのところ…オスが5匹、メスが2匹。
 ひっくり返っているので、おや???と思いますが、お腹を乾かしている様子です…
 メスは割とすぐに土に戻ってしまいましたが、オスは昆虫ゼリーをムシャムシャ…
 毎日、飼育ケースを楽しみにチェックしている子ども達は大喜びで、送迎時に保護者に見せています♪
 さてさて、何匹の成虫が誕生するか観察は続きます…

梅しごと

2020-06-12
 関東も梅雨入り…
 梅雨といえば、「梅しごと」。
 今年は、新型コロナウィルスの感染予防で、いろいろと行事の日程が変更になったり中止になる中、毎年子ども達が楽しみにしている梅シロップ作りもどうしようか…と迷いましたが、換気と衛生面に気を付けながら、1年でこの時期、青梅が出回る数週間しか経験できない事でもありますので、今年も実施しました。
 青梅のくぼみのおへそを取り除き、実に穴を楊枝で数箇所あけるという作業…冷凍してしまえばもっと効率的かつ衛生的なのですが、子ども達が『梅』と関わる事で興味は倍増するはずですし、青梅の毒性を教えながら、先生のお話を聞いて作業をする…と言う事も就学前に大切な経験だと思い保育の中で取り入れています。
 それぞれ真剣に作業を終え…ビンの中へ。これから毎日ビンの中を観察したいと思います。
 暑くなってきて、運動会の練習が始まったころ…きっと飲み頃です♪
 楽しみです!(^^)!
 
TOPへ戻る