本文へ移動
ふれあったすべての人々が
ともに育ちあえる保育園づくり
 
社会福祉法人二希会 アイリス保育園では、子どもたちの豊かな想像力と円満な社会性を育てる保育を行っています。
園で体験するたくさんの出会いや新しいできごとは、子どもたちに様々なことを教えてくれます。
たくさん体験し、明るく豊かなこころを育ててほしい。社会福祉法人二希会は、そう願っています。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おわかれ遠足

2019-02-15
 今日は、坂東市にある茨城県自然博物館へ、年長児と共にお別れ遠足に出かけてきました。
 朝早くから家族が作ってくれたお弁当と、自分たちでお買い物をしたおやつが入ってパンパンに膨らんだリュックを小さな背中に背負い、待ちにまった遠足で大はしゃぎの子ども達。
 今年の年長さんは、一つ一つの展示に例年以上に興味を示し、午後は寒い中外でも元気に遊びました。
 寒い…なんて愚痴は一言もなく、それぞれが笑顔で楽しんだお別れ遠足。
 みんなが入園したころは、まだ何もできなかったのに、こうして卒園まであと1ヵ月あまり…こんなに立派になんでもできるようになりました。
 残りの日々も、もっともっと思い出をたくさん作ろうね!

イチゴ狩り

2019-02-04
 土曜日に、0~2歳児の保育参観も兼ねて『親子いちご狩り』へ出かけてきました。
 青空が広がり、子ども達は大型バスに大喜びで出発!
 ビニールハウスを5カ所も保育園専用に利用させていただき、まさに食べ放題でした。
 収獲の楽しさに目覚め、食べずにひたすらイチゴを収穫する子…ずっとモグモグ食べている子…食い気より、用意してあった子ども用の遊具に夢中になる子…それぞれにイチゴ狩りを楽しんだ様子でよかったと思います。
 来年はぶどう狩りへ…そちらも楽しみですね!

豆まき集会

2019-02-01
先生が捕まった?!
 早いもので今日から2月。うっすらと雪が降り、子ども達は大興奮の一日の始まり。
 保育園では、早めの節分の行事として豆まき集会がありました。
 まずはホールで、クラスごとに作った素敵な節分をテーマにしたお面や帽子をかぶり、先生に節分の由来やうた、そして紙芝居をみて、最後にもしかして鬼が登場した時の豆まきの練習をしました。子ども達は気合十分!鬼は外!!福は内!!と元気な声が響きます。
 その後、2~5歳児は、豆の入ったマスを持って外へ…
「鬼さんこないかもしれないでしょう?」
「来たとしても人が入っているからこわくないよね!」
など、それぞれつぶやきながら
「鬼が来たよ~!!」
という先生の合図で右往左往に逃げ回る子ども達。
泣きながらも一生懸命、豆を投げる子。泣いて先生にピッタリとお顔を付けてお団子になっている子…どこか良い逃げ場所を見つけてずっと潜っている子…
 最後にイワシの頭のついたヒイラギで鬼さんをたたいて追い出しました。
 子ども達には怖い行事ですが、子ども達の中にある、弱虫鬼、泣き虫鬼、怒りんぼ鬼を追い出すことが目的です。
それぞれの心の中にある鬼さん達は追い出せたかな?

おかいもの

2019-01-23
 今週は、2月に予定しているお別れ遠足に持参するおやつを年長児と買いに出かけています。毎回4~5人ずつ、近所のコンビニへ300円の予算でお買い物。子ども達は、楽しみすぎて当日に発表されるお買いものツアー?!に自分が行くことが出来るかどうかが楽しみで仕方がない様子で、ソワソワ…
「せんせ~、あした わたしいく~?」
「せんせ~、○○ちゃんといきたい~」
と、毎日先生を質問攻めにしております(笑)
 
 お菓子コーナーでは、先生に計算してもらいながら、あと30円…あと10円買えるよ…と、駄菓子を真剣に選ぶ姿があり、また
「いつも、ママが一つだけっていうから、こんなにたくさんえらべないよ~…」
と戸惑う姿もあり、ちょっと困った表情の中にも成長を感じて、もうすぐ卒園するんだな…と寂しさも感じました。
 来月は、お店屋さんごっこも予定してるので、お金を使ってお買い物をする今回の経験が活かされそうです。
 
 あと数ヶ月、たくさん思い出を作っていこうね!

避難訓練

2019-01-18
 毎月行われる避難訓練ですが、今日はいつもの園庭の第1避難場所からさらに第2避難場所として、同じ敷地内の老人ホームアイリスコートへさらに避難する訓練を行いました。
 この日のために、小さい子達は誘導ロープを使って、移動する練習を繰り返してきましたが…当日は、ちょっとした段差で列が詰まってしまい、若干時間がかかってしまいました。
 今日の反省点は、練習も避難経路を使用して具体的に行う事!しっかり練習してまさかの時に備えようと思います。
TOPへ戻る